She's

〒475-0859
愛知県半田市天王町1-61-1 杉浦ビル1F・2F
TEL:0569-32-2066
FAX:0569-32-2065
【営業時間】 12:00-17:00
【レッスン対応時間】10:30-12:30/14:00-16:00

お問合せ&ご予約はコチラから→★


営業日時はコチラでご案内しています
「she'sからのお知らせ」
アメブロ(パソコン版トップページのサイドバーのカレンダー)
Facebookページ

天然木・天然石&天使の絵画とオーストラリアプリザーブドフラワーの『癒しの空間』
flower salon*she's***

その他、完全ご予約制でオーストラリアプリザーブドフラワーをメインにしたオーダーメイドアレンジと
アレンジレッスンの受付、ご提供をしています。


お気軽にお問合せ下さい。

【営業スケジュール

下記の日程、営業しています。
レッスンのご予約もしていただけます。

【営業時間】10:30-17:00 ※12:30-13:30お昼休み
【レッスン対応時間】10:30-12:30/14:00-16:00

ご予約のない日は予告なしにお休みいただくこともあります。ご了承下さい。

ブログで最新情報をお届けしています→★

【7月】

6日(木)
7日(金)
8日(土)
10日(月)
11日(火)
12日(水)
13日(木)
14日(金)
15日(土)
18日(火)
21日(金)
22日(土)
24日(月)
25日(火)
27日(水)

【レッスンについて】  対応時間:10:30-16:00 の90分~180分  対応人数:1名さま~最大8名

photo

【4月5月6月お試しスペシャル企画】のご案内

人気のある気軽なメニューを
teantime付き、ラッピング付きにて、期間限定で、お試しいただけます!

体験ワークショップ・・・3500円(税抜)
ミステリーアレンジレッスン・・・5500円(税抜)

左の案内はがきはコチラで大きくご覧いただけます ➡ ★

お1人様から受付可♪
2名様以上でお申込みの場合、特典があります☆
また、両方のメニューを同日受講の場合も割引特典があります☆☆

【レッスン時間】10:30-12:30/14:00-16:00

【定員】6名(最大8名までOK)
4名までは1階サロン「癒しの空間」
でレッスンします

【その他】 
専用の駐車場はありません
駐車券のご提示でレッスン時間分キャッシュバックいたします
道具や持ち帰りの袋などはすべてコチラでご用意いたします

Page top

【おススメコース】VERDE オーストラリアンベーシックコース

photo

「オーストラリアンベーシックコース」は初心者の方がオーストラリアプリザーブドフラワーに初めて触れ、気軽に楽しんでいただくためのコースです。難しいテクニックは使わず、プリザーブドフラワーに合った資材との組み合わせで作品を創りあげていきます。

将来的にAPA資格コースを目指す方にもおススメ。先に受ける場合は、「初心者コース」として、資格修了後に受ける場合には、同レッスンカリキュラムをそのまま教えるための教え方を学べる「アドバンスレッスン」としても受講できます。

また、「she'sオリジナルレッスン」を受けていて、ただ花を挿すだけでなく、資材にフローラルフォ―ムをセットするところからやりたいな~と思う方にもおすすめです。
     
全部で24カリキュラムあり、6回単位でお申し込み下さい。
12回のレッスンが終わるごとにAPA理事VERDEより修了証を発行いたします。

      体験レッスン:「リース」5,250円 受付中!
      (カリキュラムの一部のため、コースを受講される場合は、コース代金から体験レッスン代を差し引きます。)
      
写真は1-aの作品です。  

photo

■オーストラリアンベーシックコース料金■
※ 修了証代以外は別途消費税8%が必要となります。

1-a 31,000円(6回、花材、資材、テキスト代、消費税別) 
1-b 31,000円(6回、花材、資材、テキスト代、消費税別)
オーストラリアンベーシックコース1修了証代 5,000円

2-a 31,000円(6回、花材、資材、テキスト代、消費税別)
2-b 31,000円(6回、花材、資材、テキスト代、消費税別)
オーストラリアンベーシックコース2修了証代 5,000円

写真は1-bの作品です。

Page top

【自己紹介】

photo

花井千穂 Chiho Hanai
(she's 代表、フラワー空間コーディネート、フラワーアレンジ講師)
1970年愛知県半田市生まれ

20代ほとんどイギリスで過ごす。
英国ケント大学卒業 
(Degree in English Studies)。
短大卒で渡英した私は、単に英語力アップの目的で留学したのに、ある日「大学へ行こう!」と思いたち、アカデミックなUniversityに行こうか、アーティスティックなCollegeに行こうか迷い・・・、なぜか難しい苦しい(思いをしたので(苦笑)道を選んでしまいました。無事卒業できてよかったのですが…


帰国後、東京で1人暮らしを始め、正社員として職にも就き、新しい生活の始まり、、、という時に、劇症肝炎になり、生死をさまよいました。医者からは99%助からないと言われたそうです。たとえ命が助かっても障害が残るだろう、とも。

幸い、病気は完治し、障害が残ることもありませんでした。職場で氣持悪くなってから、病院で昏睡状態から目は覚めるまでの1週間くらい、いろんな体験をしました(実は!(笑))

病気のお陰で東京生活は半年間で終わり。ここから、愛知県半田市での生活が始まり、しばらく静か~なゆっくりとした時間を過ごしました。1999年3月から2年くらいのことです。

その後、療養生活を経て、インテリアとカラーの勉強をしながら児童英語教師の仕事に就く。病後少し自信を失いかけていた私は、レッスンを通じて子供たちから、たくさんの元気と幸せをもらいました。その当時「子供に英語を教える仕事」は天職だと思っているくらい。

オーストラリアプリザーブドフラワーとの出会いはこの後です。たまたま、なんとなく・・・。まずはオーストラリアワイルドフラワーの「フラワーエッセンス」でした。「フラワーエッセンス」を一通り勉強し、その場所でオーストラリアプリザーブドフラワーのアレンジがあることを知り、同時進行で、単に時間の余裕があったので、頻繁にレッスンに通い、なんとなく資格コースを受け、、、。でも、その時は「仕事」にしようなんて全然思っていなかったけれど、結果としてアレンジを楽しみながら2004年12月に自然な形で資格を取得、she'sの名前で活動開始。作ることが楽しくて、作っては人にプレゼントしていたら、10人に1人から、5人に1人から、、、とご注文を受けるようになったり、知り合いから、小学校のPTAの講座を頼まれたり、そんなスタートでした。

それが、またまたひょんな出来事から、お店をもてることに。2007年10月19日、she's (ショップ&スクール)を愛知県半田市にオープン。オープン当初は「児童英語教師」が本業でしたが、徐々にウェイトが逆転しつつ・・・。


she'sオープンから2年くらい経った時、今思えば、転機がやってきました。
2009年8月にshe'sを共に運営してきた母が他界。その後、組織の一員として携わってきた児童英語教師としてのお仕事にピリオドを打ち、これを機に私の生活は大きく変化していきました。ビジネスではなくプライベートでの転機。突然、結婚に結びつく出会いがあり、2011年に40歳で結婚、すぐに子どもにも恵まれ、2012年1月、41歳で第一子出産、2014年1月、43歳で、第二子出産。

小さい子どものいる生活となり、自然と仕事に対する考え方が変わってきました。

ずっと、天職だと思い込んでいた「子どもに英語を教える仕事」、だんだん負担になってきていることにも気付かず、しばらく、花なのか、英語なのか、家庭なのか、両立はできないのか、どちらかに絞るべきなのか、、、と、たくさん悩みもがく時期、自分自身ときちんと向き合う時間を経て、10年目に入る直前にやっと、私自身が目指すスタイルが見えてきました。

結論から行くと、英語は手放しました。
でも、今でも「子どもに英語を教える」ことはできるので、自然な形でイベントレッスンとして、時々、児童英語教師に戻れたらいいなと思っています。


2016年10月19日に9周年を迎え、10年目に入りました。
2016年はいろいろとチャレンジもしました。1階店内をリニューアル。大きま天然木のテーブルを迎え入れました。本当は看板も去年のうちにリニューアルの予定でしたが、間に合わず、、、。間に合わなかったのには、何か理由があるのだと思い、というよりは、単に受け入れ準備が整わなかっただけなのだろうけど、、、。この10年目のうちに(2017年)、モノゴトヒトを一度リセットして、ゼロにして、また新しい1からの年を迎える準備をしています。ということで、永遠に試行錯誤の日々です。

she'sはflower salon*she's***と名前を改め、天然木、天然石、天使とオーストラリアプリザーブドフラワーの「癒しの空間」として、訪れてくださった方が、リフレッシュしたり、リセットしたり、癒されたり、そんな空間のご提供と、ご自宅などのよりよい空間作りのためのご提案をして行きたいと思っています。氣って大事です。私は、なんとなく、お花を通じて氣を操れるんじゃないかと思っているんです。なんとなく、ですよ(笑)花を置くことで、空間の氣の巡りをよくできる、というか、お花には場所の浄化作用があると思っています。その場所に、その方にあった、アレンジをご提案させていただき、みなさんに多くのしあわせをお届けできたら、私もそれが一番嬉しいのだと思います。

まだまだ試行錯誤は続きますが、これからもどうぞ、she'sをよろしくお願いいたします。

Page top

【お役立ち情報】 ティートゥリーとユーカリのアロマオイルの使い方

photo

オーストラリアでは、欠かせない「常備薬」として、どこのご家庭にも置いていると言われる「ティートゥリー」と「ユーカリ」のアロマオイルの使い方をご紹介します。

使い方はいろいろですが、基本的な使い方は「アロマテラピー」関係の書籍やサイトで紹介されているので、ここでは、私が個人的に活用している使い方をご紹介していきたいと思います。
『ティートゥリ』・・・キャプテン・クックが始めてオーストラリアを訪れた時、先住民たちがティートゥリーの木の葉でお茶を入れたことからお茶の木(Tea-tree)という名前がつけられたのだそう。殺菌作と消毒作用があり、免疫力を高めてくれるので、風邪の予防や引き始め、虫さされなどに効きます。また、気分のリフレッシュにも役立ちます。
『ユーカリ』・・・パワフルな消毒作用と抗炎症作用があり、風邪の諸症状や花粉症に効果的。また、ミント系のシャープでクリアな香りは、気持ちを落ち着かせたり眠気を防ぐ効果もあります。ピアンタのユーカリラディアータオイルは、シャープな中にも甘い香りがあってとても心地よいです。おススメ! 私は、ティートゥリー、ユーカリ共に、拭き掃除をする時にぬるま湯に数滴落として使います。時々ユーカリとティートゥリーをミックスしても使います。また、ルームスプレーとして、オイル10滴に無水エタノール50mlを加えてスプレー式の容器に入れて使ったりもします。(※何かに「ウォッカ」でも代用できると書いてあったので、私は「ウォッカ」を使います)あとは、コットンに2,3滴落として、クローゼットの中に入れたり。目覚めの悪い朝、お風呂に入れたり(4,5滴が標準、多くても10滴までだそう)、即席でマグカップにお湯を入れて1,2滴落として芳香浴したり・・・。自己流にいろいろ楽しんでいます。 ※アロマオイルには以前から興味あり、私なりに研究した上で自己流なので参考にしていただくのは自由ですが、アロマオイルをお使いになる時は、ご自身でも必ず専門書などで使い方を確認してからお使いください!

Page top

「she's」の意味

photo

ショップの名前「she's」の意味をご紹介します。
”she is”の省略形。「彼女は」の意味。100人の女性がいれば、100通りの生き方があり、100例の”she is”があると思います。みんなそれぞれに素敵な人生。”she(彼女)”は『頑張って輝いている素敵な女性』のこと。そんな女性の1人でありたいという、私の思いと、そんな女性たちを『花』を通じて応援できたらいいなぁ・・・と、
I support people who make "her" happy.のメッセージを込めてつけました。(昔からなんとなく好きな今井美樹さんの「she is」というアルバムのメッセージがヒントです。)
「she's」の後には、アナタの選んだ言葉を入れてください。アナタの身近な素敵な女性を思い描きながら・・・。
女性だけでなく、男性のみなさんも、もっと気軽に『花』を贈ってみませんか。素敵な女性に贈り物を・・・の時は、she'sを思い出してくだされば、光栄です。

ロゴ(カリグラフィ)はVERDEの北原みどり先生に描いていただきました。
ショップ&スクール名のshe's を私の名前(Chiho)頭文字『C』で囲むというのは私の思いつき。

Page top